| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
予告;『西荻猫路地2018』2月17日(土)〜25日(日)12〜21時、最終日は18時まで。参加者をご紹介します=!

2月22日猫の日をはさんで、恒例『西荻猫路地2018』を開催します。

 

猫好きさんによる猫好きさんのための作品展。

 

日程〜2月17日(土)〜25日(日)。

営業時間は12〜21時、最終日は18時までとなります。

 

     

 

  

       ( DMは西荻案内所作 Click ! ↑ )

 

 

参加作家さんはつぎのみなさまです;

 

nemunoki paper item /吉井美穂 /bake latte /いしはらなまこ /

Panda factory /鈴木康生 /tagu. /鈴木真由美 a.k.a. ハチワレデザイン
Macco /雑貨食堂 六貨 /おかべ てつろう /はねまみれ /みのたけ製菓
しらや /黒ねこ意匠 /MIRIN /ぎんた /やなぎすい /東マユミ /

アオギリ /sasanatsu /made blue/ Via carousel / Book Farm

 

キーステージ21より新刊『くろねこ ろびんちゃん ごろごろ』が

出版されるのに合わせて、原画&イラスト展も開催されます!

 

 

2月10日より先行発売を開始しました。

会場ではこのほか、オリジナル絵本も販売いたします、黒ねこ意匠さんの

グッズと合わせてお楽しみください〜♩♪♫♬      

author:信愛書店 en=gawa, 16:55
-,
2018 新春初市レポート

年の初めの神明通りあさ市です。

恒例の大宮前囃子にのって獅子舞&大黒舞が執り行われました。

 

お獅子にあたまを噛んでもらうと1年間健康で過ごせる、と

長い列ができました!

人気の新春プレゼントはあの『千両箱ティッシュBOX』です。

さあ!みなさんに千両箱をさし上げます!!

うきうき新春のプレゼントを受け取って、ニコニコ笑顔がいっぱい!

 

神明通りあさ市は毎月第3日曜日の8〜11時開催です。

 

 

午後は新春きずなまつり、古今亭菊生、柳家喬志郎のおふたりによる

本格落語会で初笑いを楽しんでいただきました。

 

強情灸 ,干物箱〜菊生師匠の大熱演!

喬志郎師匠による笑い茸、初夢はめでたいおはなし、お正月らしい

ひと時を楽しんでいただきました

 

2月18日は『健康あさ市!』、お買い物にきてくださるとすてきな

プレゼントをさし上げます!

どうぞご期待ください〜♩♪♫♬

author:信愛書店 en=gawa, 15:13
-,
明けましておめでとうございます

頌春

 

 

明けましておめでとうございます。

しずかなしずかな浜でした。

 

 

富士山は見えましたか?

美浜園のかたに聞かれました、丹沢の向こうは雲のなか。

 

 

さらさらの砂の中からちいさなおみやげをいただきました。

 

 

5%おとくな図書カード、お年玉にも最適です!

 

 

 

新年の営業は1月4日から、どうぞよろしくお願いいたします。

author:信愛書店 en=gawa, 11:09
-,
西荻まち情報〜善福寺公園『ストップえさやり!』キャンペーンに協力しました!

週末12月9,10日の2日間、善福寺公園にて野鳥保護のキャンペーン

『ストップえさやり!』が開催されます。

 

 

冬に飛来する渡り鳥が多くなるこれからの季節に、ひとの食べものを

やらないようにしてほしい、という恒例の行事です。

えさをじぶんでさがして食べるのが野鳥の本来の生き方なので、

食べ過ぎて太りすぎてしまったために春になって北の国に

帰れなくなるなどさまざまな問題があるそうです。

 

 

園内で見られる野鳥の写真も展示されていて、これからの季節に散歩

する楽しみがふえますね。

 

 

きょうの公園の下池です、青空に美しい紅葉が映えていました。

 

 

「西荻を楽しむ会」では、このキャンペーンに参加協力して

スタンプ台紙と缶バッジを作成しました。

 

 

サービスセンター近くの池のほとりのテントで野鳥の写真の展示なども

ごらんになれます。

かわいい缶バッジがおみやげです!ぜひ善福寺公園へお出かけください!

author:信愛書店 en=gawa, 14:50
-,
お知らせ;森本喜久男と、カンボジアの村人たちを追ったドキュメンタリー映画『カンボジアの染織物』の自主上映会。

お知らせ;

カンボジア伝統の染織物を発展させた森本喜久男と、カンボジアの

村人たちを追ったドキュメンタリー映画『カンボジアの染織物』の

自主上映会です。

 

 


【あらすじ】
内戦の影響で衰退されつつあったカンボジア伝統の染織物。

京都の友禅職人であった森本喜久男は、カンボジアで荒地を開墾し、

染織物を基幹産業とする村をゼロからつくり上げ、カンボジア伝統の

染織物を発展させた。彼の活動は、「持続可能な村」「伝統文化の復活」

など、近代文明のアンチテーゼとして様々なメディアから賞賛されてきた。
そんな森本だったが、末期ガンを患い、余命いくばくもないことを知る。

確実に生の終わりに近づいていく森本と、村人たちを見つめ続けた眼差し

(カメラ)は、それぞれの人生に隠された想いを浮かび上がらせていく。

 

【入場料金】1500円(IKTT布の展示販売もございます)
【会場】信愛書店 スペース en=gawa
 

【タイムスケジュール】
12/26(火)
18:00〜:搬入
18:30〜:上映(80分)
20:00〜:挨拶・Q&A
20:30〜21:00:閉会&撤収

 

カンボジアや染織物、そして自然環境と密接に結びついた東南

アジアの生活に興味をお持ちの方は、ぜひ足をお運びください!!

上映後は監督によるQ&Aがございます。また、現地で作られた

染織物にも触れていただけます!

 

【お問い合わせ】 iktt@songriver-p.com(配給:Song River Production)

author:信愛書店 en=gawa, 16:30
-,