| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
ぽけっと西荻〜「こども服の交換会」みなさまありがとうございました=!

気持ちのよい初夏の風の中、おおぜいのかたがこども服を持ち寄って

くださいました、おかげさまでおお賑わい、ありがとうございました!

 

m-こどもふく交換tirasi5.jpg

 

6月から毎週金曜日にあそびばフライデーはじめます。

工作やみんなでできるゲームで遊べるよう準備中です。

 

m-IMG_0609.jpg

 

みなさんからいただいたこども服は、あさ市にてリサイクルバザーを

するなどして活動資金を作りますのでご協力ください。

 

m-IMG_0608.jpg

m-IMG_0607.jpg

 

みんなのだいすきな赤いバイク、これほしーこれほしー。。。と

言って帰ろうとしない子もいました。

 

m-IMG_0615.jpg

 

また金曜日にあそびにきてね〜

それまでにおもちゃもきっとふえてるよ〜!

 

さて、明日は毎月第3日曜日、あさ市。

児童館前の信号の下でこども服フリマを開催します、お楽しみに!

 

m-神明通りあさ市20170521_B4.jpg

author:信愛書店 en=gawa, 20:23
-,
野川をわたる風。

ここちよい5月の風に吹かれて野川周辺を散策。

 

s-IMG_0568.jpgs-IMG_0557.jpg

s-IMG_0497.jpg

 

      s-IMG_0537.jpg                         

 

s-IMG_0520.jpg

 

ここでも金蘭に行き逢いました。

 

s-IMG_0542.jpg

 

サクラソウの原種でしょうか、湿地でおどろくほど元気な葉を

広げているすがたが意外でした。

 

s-IMG_0548.jpg

 

たくましく伸びる茎を見ると、しっかりと根を伸ばしていることが

伝わってきて、その姿を見ると鉢に植えて育てるのがかわいそうに

おもえてきます。

 

野の草や花たちの声にそっと耳を傾けて、じぶんかってな人間たちを

どうかゆるしてやってください、とお願いをするのでした。

author:信愛書店 en=gawa, 17:05
-,
風は緑。

青空に恵まれて、お出かけされた方も多かったでしょう。

中央沿線、ちょっと足を伸ばせば都内でもすばらしい

緑のスポットがありますね。

 

そのなかからご紹介します。

 

s-IMG_0452.jpg

s-IMG_0420.jpgs-IMG_0423.jpgs-IMG_0439.jpgs-IMG_0448.jpg

 

人の手で保護されたバードサンクチュアリも貴重だけど、そうではない

里山の鳥の声を聞きたいと郊外へ。

 

s-IMG_0462.jpg

 

立ち姿のうつくしい金蘭におもわず足が止まります。

 

s-IMG_0464.jpg

 

高いこずえで鳴き交わすうつくしい声、どうしてもすがたを

見せてはくれませんでした。

 

s-IMG_0463.jpg

 

もうすこしで咲きそう、初めて見るハンショウヅル。

 

s-IMG_0471.jpg

 

関東平野をうねりながら流れる多摩川、むかしはこれが

人やモノの大移動手段だったのですね。

きっと視力もみな2.0以上で、街道をやってくる人影が

すぐにわかったことでしょう。

 

ほとんど平らかな西荻のまちです、歩きやすいのでこどもも

お年よりも出かけやすいのはすばらしいこととおもいます。

もうじき西荻チャサンポー、ことしのパンフはかわいいピンク!

 

縦長の大判は『西荻みんなの○○マップ』、まちづくり団体

「西荻を楽しむ会」がたくさんの声をもとに作りました、

マップ片手に西荻のまちを楽しんでください。

 

 

そして西荻案内所の新企画がスタートしました。

みんなの情報を元に子育て世代に役立つ「にしおぎこどもMAP」を作る!

アンケート用紙がありますので、ぜひあなたの声を聞かせてください。

お待ちしています!

西荻暮らしのお供には『西荻観光手帖』もぜひどうぞ。

 

 

アトリエ77より村松昭さんの全国の絵地図が入荷しました。

身近な野川、多摩川がいちばん人気ですが、どれも細密に

描き込まれているので眺めているだけですっかり旅気分に

ひたれます。

 

ここに紹介した緑の風景は、石神井公園、稲荷山憩いの森、清水憩いの森、

滝山城址です。東京都の豊かな緑をたいせつにしたいですね。

author:信愛書店 en=gawa, 16:03
-,
晩秋の西荻風景。もみじ・初雪・善福寺プレーパーク♪

『村』と呼ぶのがぴったり、23区のはしっこの西荻のまちです。

 

おとなりの荻窪、大田黒公園のもみじはどうかしら。

 

s-IMG_8294.jpg

 

大きく枝を張ったもみじの紅とみどりの錦秋を楽しむ鳩一羽。

 

s-IMG_8315.jpg

 

燃えるようなハゼの葉が一面に散り敷いてゆきます。

 

一転、翌日は雪模様。

あれだけにぎやかだった鳥の声もなく、しずかな朝でした。

 

s-IMG_8354.jpg

s-IMG_8389.jpgs-IMG_8402.jpg

 

そして翌26日はいよいよ善福寺公園にて紅葉狩り。

 

s-IMG_8408.jpg

 

澄んだ青空に吸い込まれそうな池のほとりの木々に囲まれて

『公園づくりワークショップ〜みんなで未来をデザインしよう』が

ありました。

 

チラシfinal.jpg

 

善福寺プレーパークの会と西荻を楽しむ会が協力して

1年後には公園の一部となって公開される一区画の雑木林を

みんなで囲んで夢を語り合いました。

 

s-IMG_8473.jpg

 

ツリーハウスをつくってあそびたい、たき火をたいておなべを

つつきたい、虫をたくさんつかまえたい。。

 

s-IMG_8448.jpg

 

手つかずの雑木林は傾斜地にあるので、できるだけ大きな木を

そのままのこしてほしい、ハンモックをじぶんたちで編んで

お昼寝したい。

 

s-IMG_8416.jpg

 

保護林として長年人の手が入っていない、だからこそ野鳥や虫が

巣を作ってきたんじゃないか、貴重な自然環境を守るほうがよい。

 

s-IMG_8410.jpg

 

まちの公園にはさまざまな期待が寄せられます。

そこにあるのは「大」自然ではなく、ひとの暮らしに隣り合う

「里」のみどり。

ご近所のかたも、遊びにくる利用者も、みんなで公園をだいじに

してゆこう、そういうきもちであらたな公園の活用法を提案

しようと話し合っています。

 

西荻を楽しむ会として善福寺プレーパークの会と協力して

『みんなの雑木林を見守る会』というグループで、楽しい公園が

できあがるように東京都に働きかけて希望を伝えたり、魅力的な

まちの公園の見学を準備中です。

善福寺川を、「里川にしたい!」というねっしんな活動をしている

通称「善福カエル」さんと交流を図りながら、西荻のまちが

すてきなふるさととなるよう活動をしてゆきます。

 

12月には西荻をたのしむマップが完成しますので、どうぞ

お楽しみに=!

author:信愛書店 en=gawa, 23:20
-,
はじめての西荻ラバーズフェス!楽しかったシーンをレポート!
雲ひとつない青空のもと、3月のあさ市はいつものようにおおぜいの
お客様でにぎやかに開催されました。



西荻Bonne を手に、これから桃井原っぱへ行きます!とみなさん
ワクワクしているのが印象的でした。



バルーンのうさぎさん、春らしい新作を披露して女の子たちも
おおよろこび!



あさ市を撤収してから、すぐに西荻ラバーズフェス会場へ!
桃井原っぱ公園は朝からおおぜいの入場者であふれかえっていました。

s-IMG_5310.jpg

『西荻を楽しむ会』は入り口近くの「西荻アパートメント」ブースに
出展しました。

s-IMG_5314.jpgs-IMG_5325.jpgs-IMG_5333.jpg

体験型のワークショップがあちこちで展開されていて、どれも参加者で
あふれかえっていました。

s-IMG_5328.jpgs-IMG_5338.jpgs-IMG_5345.jpgs-IMG_5346.jpg

『楽しむ会』のブースではマップ作りに参加を呼びかけて、みなさんの
お好きな西荻の○○を教えてください、と情報をいただいてマッピング!

s-IMG_5355.jpgs-IMG_5362.jpgs-IMG_5364.jpg
s-IMG_5374.jpg

となりでは楽しむ会のメンバーによる南京玉簾体験ワークショップが
大人気=!
即席の一座ですばらしい舞台が次々と展開されてやんやの喝采!

s-IMG_5371.jpgs-IMG_5379.jpgs-IMG_5384.jpg

西荻を楽しむマップ、これからみなさんの声を反映したものを完成させて
広く配布する予定です。
西荻南児童公園を、もっと魅力的な街角スペースにするにはどうしたら
よいか、街全体をよく知ることからはじめたい、そうかんがえています。

s-IMG_5358.jpgs-IMG_5389.jpg

楽しかったフェス、参加してくださった皆様に感謝、そして運営に多大な
汗をかいてくださった実行委員会の皆様にあらためて感謝いたします。
ほんとうにありがとうございました。
author:信愛書店 en=gawa, 10:11
-,
3月20日〜あさ市のあとは桃井原っぱ公園;ラバーズフェスであいましょう=!
20日、あさ市は8時スタートです。11時まで神明通りで楽しんでいただいて、
そのあとは青梅街道の桃井原っぱ公園『西荻ラバーズフェス』へ GO! !

「西荻を楽しむ会」は場入り口近く『西荻アパートメント』という共同
ブースに参加しています。そこで初めてのアピールをさせていただく
ことになりました。

         
     ( ↑ click ! !  )

ここで、「西荻を楽しむ会」の目的と今後の活動、呼びかけ人を
ご紹介しています。

         
     ( ↑ click ! !  )
【注目される西荻!】
西荻窪駅をはさんで南北に広がるこのまちは、かわらない町並みにちいさな
商店街がつながり、個性あふれる店主のおしゃれな店もふえてきました。
『日本一知りたい街』ともいわれ、西荻丼、西荻チャサンポー、西荻夕市、西荻
案内所、と『西荻愛』あふれるうごきが盛んです。
 
【もっと!西荻!】
まちの緑を守り、公園ほか公共施設をより快適にするために、専門家に学びながら
住民である私たちも声を上げようと杉並区のまちづくり団体に登録し、活動を
はじめました。私たちは「緑と人に優しいまちをみんなでつくる」をテーマに、
町会、商店会、学校ほか地域活動をしている方々と協力しながら開かれた
学習会やワークショップを開催いたします。
 
【みんなの西荻!】
大好きな西荻がもっとよくなるように、あなたの声を聞かせてください。ちいさな子ども
から働き盛りのひと、熟年のひと、みんなが支えあってちからを出せば西荻のまちは
さらに楽しくなります、ぜひ会員になってください。


■4月の新年度よりいよいよ本格的に活動を開始いたします。
西荻南児童公園の全面改修、児童館・集会所の壁面緑化を
目指して建築家を中心としたワーキンググループが立ち上がり
地域の声を聞かせていただくよう働きかけをスタートします。

Facebook ページもごらんください ; こちらです
資料など詳細をご希望の方はメールまたは信愛書店にてお尋ね
ください。
author:信愛書店 en=gawa, 20:17
-,
伝統文化〜和の美と笑い。
あらたなステップに向けてこころも高まる弥生三月、たいへん
おめでたい祝賀の席にお呼ばれでうかがいました。

s-おさん昇進披露P-003.jpg

竹下通りの国際色豊かな喧騒の背中合わせ、原宿の深い森のなかに
ひっそりとたたずむ東郷記念館。またたくシャンデリアのもと、紋付の
正装が行き交う華やかな宴席で、台所鬼〆あらため台所おさん一世一代の
真打昇進披露宴、そしておまけに本人たっての希望ということで初々しい
奥さまとカメラに笑顔をふりまくかわいいお嬢さんの披露をして喝采を
浴びたのでした。

落語には幼少時より親しんだと、筆頭ゲスト松岡正剛さんが意外な駄洒落の
連発で会場を沸かせ、うつくしい篠井英介さんの激励スピーチにためいき。

柳家花緑師匠の門をたたく前には劇団で芝居をしていた、それ以来の友人
長州小力さんがスペシャルゲストで登場の段になると会場はヒートアップ!
ポーズのキメも余裕の構え、カメラ・スマホ片手に駆け寄る紳士淑女たち!

JAZZトリオの演奏に笑い疲れも癒されて、いよいよおおとりは落語協会
4代目柳亭市馬会長の相撲甚句、前途を祝しての朗々たる美声に
会場一同
酔いしれました。

身ひとつ、ひとりでできる、そうおもって飛び込んだ落語の世界。
それがこの晴れの場を迎えるに当たって、ひとりの落語家の舞台のために
どれほど多くのひとが陰で支えてくれているかをしかと身に刻んだ、
台所おさんを名乗る晴れの日、鬼〆さんははじめから終わりまでずっと
コチコチでときには泣きべそをかきそうな緊張のなかにいるようでした。

芸に生きる、並みの苦労ではないことでしょう。
できることは、ずっと見ていてあげる、そしていっしょに困ったり
よろこんだりすること、なのではないかとおもうのでした。

まずは13日(日)3時よりのおさん昇進記念落語会にぜひおいでください!

s-IMG_5166.jpg

ご予約いただくと1800円、当日2000円、1ドリンク付です。
来場者の中から3名さまに記念手ぬぐいのプレゼントがあります!

ちなみに、祝賀披露宴のおみやげのなかには play on words の
おさん手ぬぐいがちゃんと入っていました!
末広がりで落語界におしゃれな手ぬぐいが行き渡りますように=!

そして、東郷記念館のフレンチのフルコースがすばらしいもので
あったことはぜひ書き添えなければいけないトピックでした。
すばらしい饗宴に与り、台所鬼〆さん、関係者の皆様にこころより
深く感謝申し上げます。
author:信愛書店 en=gawa, 20:12
-,
にしぞうくん。
にしぞうくんが遊びにきてくれました!ありがとう〜

東銀座会のキャラクター、あさいちくんも大歓迎!
(。。。でか。。)

s-IMG_4512.jpg

おてんきがいいので、西荻をさんぽするんだって。

s-IMG_4516.jpg

おみせでイチオシのものをおしえてください、と
いってくれたので「2×4 ニシオギタータン 」を
お鼻にのせてパチリ。
それとタムラ堂の絵本『世界のはじまり』、お耳に
のせてくれたんだけど、大判の画集がちいさくみえます!
 
s-IMG_4519.jpg

にしぞうくん、ちらりと店内をご案内するといまの
棚にはこのような本が並んでいます。

s-IMG_4510.jpg

『日本野鳥歳時記』『圏外編集者』『ちょいな人々』
『イタリアの猫』『Sebastiao Salgado (Photofile)
『田舎のパン屋が見つけた 腐る経済』『野鳥図鑑』

西荻のまちをみんなに紹介したい、とおさんぽする
にしぞうくん、まだ雪がのこっているから、気をつけてね!
author:信愛書店 en=gawa, 16:45
-,
新年のご案内その1〜猫好きさんへ;西荻猫路地〜2月は西荻でお楽しみください♪ 保護猫の里親会も〜!
12月29日、本年最後の営業日となりました。
お正月用に、かわいいぽち袋やレターセット、えはがきなど
お好みのものがみつかったでしょうか?

s-IMG_3974.jpg
s-IMG_3985.jpg
s-IMG_3966.jpg
s-IMG_3988.jpg
s-IMG_3971.jpg

おいしいお手紙クッキーはabeilleさんの手作り、
のこりすくなくなりました〜

s-IMG_3986.jpg

新年は4日より営業いたします。
お買い上げのみなさまにお楽しみをご用意して
お待ちしておりますのでぜひお越しください。

新春2月には西荻にぴったりの企画展を開催いたします。
【西荻猫路地 nishiogi necology】

nishiogi_necology3.jpg

北口の gallery cadocco との共同開催、西荻の路地を
楽しみながら巡ってください〜!



    ・・・・↑クリックしてごらんください・・・

 えんがわではブックカバー作り、猫のマスコット作り、
絵本作りなどたのしいワークショップなども開催いたします。

 西荻ほかの店舗さまでDMのご案内しています。
DMデザインを手がけたplay on words より猫柄手ぬぐいを
発売いたしますのでどうぞお楽しみに!

 高円寺ニャンダラーズによる保護猫の里親会を
予定しています、猫さんをお迎えしたい方、この機会に
ぜひいらしてください!日程はブログにてお知らせ
いたしますので要チェック!
author:信愛書店 en=gawa, 17:54
-,
西荻夕市スペシャル対談;10.10/11末井昭・瀬戸山玄、タムラ堂・ゆめある舎〜ご予約お待ちしています!
秋の夕市、10月10・11日ともスペシャル対談を開催します!
いずれも2時より、ご予約はメールまたはお電話でお願いいたします。

10日(土)末井昭×瀬戸山玄のおふたりをお迎えして
『戦争反対!〜戦争と自殺について』大いに語っていただきます。

CPblrtaUEAIqs4Y.jpg

 戦争、といえば各国の帰還兵の自殺が
 問題となり、安全な任務と聞かされた
 自衛隊からも50名以上の自殺者が出る
 という深刻な事態が現に起きています。

 殺し・殺される、それが戦場のリアル。
 末井さんと瀬戸山さんによる『戦争論』を
 ぜひお聞きください。



11日(日)は画集『夜の木』に続いて新刊 『世界のはじまり』 を
上梓されるタムラ堂さんと、ゆめある舎の谷川恵さんをゲストに、
『ひとり出版社という働きかた』の西山雅子さんがおはなしを
お聞きいたします。



『世界のはじまり』


バッジュ・シャーム 作・絵

ギーター・ヴォルフ 文 
青木恵都 訳

*対談当日に間に合えば
 会場にて販売いたします。

『夜の木』日本語版でおなじみのタムラ堂さんは、吉祥寺にある、
ゆるやかに活動している出版社。
タムラ堂でのインドTara Books手づくり絵本第2作目となる
新刊『世界のはじまり』を中心に、現地での様子など制作の秘密を
お聞かせいただきます。

阿佐ヶ谷のゆめある舎さんは、美篶堂さんとのコラボで実現した
詩画集『せんはうたう』『くだもののにおいのする日』に続いて、
ブルガリアをテーマにしたご本を構想中。
旅のエピソードを交えてお話しいただきます。

中央線に拠点をおき、魅力的な造本で知られるふたつの出版社。
規模は小さくとも、その眼差しは海外へ。本書の編者で聞き手の
西山さんよる、気になる台湾のひとり出版社本もあわせてご紹介
いたします。
*トークの後、懇談会を予定しています。

二日間、いずれも午後2時より。
参加費 予約のかた;1000円  当日参加のかた;1500円

参加希望の方は日時を明記してメール、またはお電話で
お申し込みください。
先着30名様となりますのでお待ちしています。

03‐3333‐4961 (お電話は12〜22時にお願いします)
shinaishoten@gmail.com
担当;原田直子まで
author:信愛書店 en=gawa, 09:22
-,