| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
本日のカフェ営業は18:00までです
本日はかってながら18:00までの営業とさせていただきます。

      

高円寺純情出版界という出版関係者の勉強会がありまして
本日は光文社新書『一箱古本市の歩きかた』の著者である
南陀楼綾繁さんにおはなしをしていただきます。

全国で盛んに開催される本のイベント、なかでも人気なのが
一箱古本市、という形式のフリマですがそれらの企画にかかわったり、
また取材をされてのレポートです。

昨年座・高円寺にて開催された『本の楽市』についても
ページを割いてくださいましたので、このように新刊書店と
古書店のコラボレーションを試行している店主たちも参加して
これからさらに展開するとしたらどのような可能性があるか、などを
いっしょに考える会にしたいと思います。

なによりも本に関わるすべてのひとが元気になるような、その
ために役立ちたいという南陀楼さんのお気持ちがうれしくて
これからも『本』と読者の楽しい出会いをいろいろと企画して
ゆきたい、そう考えています。

本日の会は会員制ではありますが、内容に関心ある方なら
参加も出来ますので、希望される方は右のメールにお問い合わせください。

●第18回  講師 :南陀楼 綾繁氏(ライター・編集者)

タイトル:「一箱古本市から見る『本』の在り方」

参考 ■http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/

●開催日:1月26日(火)

●定例会次第
18:30 受付開始
19:00 開会
19:00〜21:00  南陀楼氏からの報告、質疑応答、討論
21:00〜23:00 懇親会(会場近辺を予定)

●場所:「庚申文化会館」高円寺純情商店会集会所2F
高円寺北3−34−1 
(茶房 高円寺書林へ入る角の建物です)
author:信愛書店 en=gawa, 10:31
-,