| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
なかのまきこ『野宿に生きる、人と動物』 想像力と共感力が耕される1冊
・駒草出版 『野宿に生きる、人と動物』なかのまきこさんの本
 ホームレス、そしてしっぽつき家族の動物たちに長年
 かかわって支えてきた獣医さんが書いてます



・編集部員もみな生まれたときは危ない目にあって
 やさしいひとに拾われて《永久》就職できました、感謝
 



・日本語読めないからお話聞きました
 野宿、つらいです
 りぼんだったらにげちゃう

想像力と共感力、どこに居てもだいじなのはこれ。

”誰かがきっとなんとかしてくれる・・・
その誰かとは、つまり自分自身なのではないか、と。”
 
これは帯に寄せた反貧困ネットワークの湯浅誠さんの
ことば。

なかのまきこさん、そして本を通じてたくさんのひとが
出会いを広げて元気が生まれますように。
10月の公園de本の楽市にもなにか楽しいイベントで
参加していただけないか、相談中です。
author:信愛書店 en=gawa, 11:50
-,