| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
新作『冬の兵士 血まみれの手を見つめて』10月23日19時より上映会@本の楽市第恐饐
昨23日の対談にはおおぜいのかたが来てくださいました。

『ルポ 悼みの列島』が1冊の本のかたちになるまでに
著者室田元美さんは記録したり、また見えにくい歴史を
掘り起こす地道な活動を続けているひとびとを訪ねます。

その原点ともいえるのが子どものころの思い出、それは
クラスの友だちがある日”在日”であることをみんなの
前で明らかにしたときのこと。

沈黙。
そして。

室田さんはそのときどうすればよかったのか、ずっと
こころのすみで考えてきて、そのことがいまのおしごとに
つながり、また生かされているようにかんじられました。

各地でさまざまな記録活動や市民的な政治参加(この
表現はおかしい、政治は本来市民のものだ)の活動を
しているかたが近況を話してくださって、にぎやかに
情報が飛び交いました。
 
一度でも顔を合わせることがどれだけだいじなことか、
和やかななかにも次へのステップが予感されるような
出会いが見られてたいへん有意義なひとときでした。

         

聞き手の田保寿一監督は各地の活動がこのような
『本』のなかで読みやすく紹介されることを通じて
また新たな読者を発掘し、出会いを広げてくれる
すばらしさを語りました。

参加者には完成間近の『冬の兵士供〃譴泙澆譴
手を見つめて』
よりこの会のために一部を編集した
短編DVDをおみやげに、と用意してくださいました。
10月23日、高円寺フェス『公園de本の楽市』にて
本編の上映会を開催いたします。

戦争の当事者とは誰か。

昨日の戦死者の名前を私たちは知らないけれど
それは知ろうとしないからではないのか。

明日、何をするべきでしょうか。
author:信愛書店 en=gawa, 22:28
-,