| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
ブックコーディネーターというしごと◇内沼晋太郎さんにお聞きしました@高円寺純情出版界
新聞や本にのるのがだいすきなhana。
それが紙でなくなってしまったら・・・

のる楽しみがなくなってしまう!
絵本から出てきたポムもおおいに気をもんでいます。

     s-2010Dec7 hana 040.jpg
           (本の未来は僕らの手の中に)

LIBERTINES MAGAZINE No.4
特集は;電子書籍のある生活。

内沼さんはこの特集で15人の先端的なひとたちに
会ってインタビューをしています。
活字にならなかった部分で内沼さんがおおいに
刺激を受けたはなしなど、それをお聞きしてから
もういちど読み直してみるとなるほどとても面白く
かんじました。



「紙であれタブレットであれ、本の面白さと読書の
楽しみ方が多様であるといいな、とおもう。」
その周辺でしごとをしていたい、と語る内沼さんでした。
その発想は現代アートにも通じるものがあるので
これからますます活躍の場が広がりそうです。

若い世代の参加者がふえて、いっそう元気になった
高円寺純情出版界でした。
author:信愛書店 en=gawa, 10:55
-,