| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
『猫的支援の高円寺チャリティバザー』中締め報告いただきました #shien #cat
猫的支援の高円寺チャリティバザー中締め報告

4月半ばから高円寺書林で実施しております東日本大震災
チャリティバザー、作品のご提供、そしてお買い上げ、
ご協力いただきまして、ありがとうございました。
バザー期間中、お買い上げに加えて、別に義援金の御寄附を
下さる篤志家様もおいでになりました。
本当にありがとうございます!

   s-2011May12 008.jpg
     (人気の猫ちゃんボール、残り少なくなりました)

で、まずは本日中締めしまして、結果をご報告いたします。

バザー売上合計 17,740円 + 義援金御寄附20,000円 

合計37,740円

これを半分ずつ、以下に寄付させていただきます。

【寄付先】
福島県災害対策本部〈義援金〉

●避難地域の被災動物レスキューに携わっていらっしゃる
NPO犬猫みなしご救援隊〈支援金〉

   =以上、猫毛フェルトの部屋より(一部数字に訂正あり)=


ひとの暮しだってたいへんなのに、と被災ペットの保護活動を
理解していただけないこともあるかもしれません。
原発から近い酪農家が、もはや世話できないからと決心して
乳牛たちを処分場に送り出す場面がニュースにありました。
ごめんね、ごめんね。。。牛たちの大きな鼻を格子越しに
撫で回す奥さんは涙が止まりません。
酪農家にとっての家畜は家族とおなじだ、とお父さんも
いわれます。
この国の畜産はますますきびしい道へと追い込まれてゆく
ようでほんとうに残念でなりません。

大きな牛や馬は引き取ることがむずかしいけれど、もし
叶うことならば犬や猫などの小動物は保護してやってほしい
とおもいます。
その子たちを家族のようにたいせつにして可愛がってきた
ひとの温かな思い出そのものだからです。
もう会えない、というつらい別れをたくさん経験されたひとに
とって、きっとまた会える、そういう希望をもてるのはうれしい
ことにちがいありません。

その希望のためにすこしでもお手伝いができたら、そういう
気持ちでチャリティバザーを続けています。
店頭の古本セールはご寄付いただいた本なので、全額が
義捐金となります。
『一箱本送り隊』の活動資金としてカンパいたします。
本の提供はこれからもお引き受けいたしますので、いつでも
お持ちください。

  //////////////////////////////////////

今週末のイベント『柳家紫文都々逸ライブ@茶房 高円寺書林』
お申し込みありがとうございました。
まだすこしお席がございますのでお早めにご予約ください。
お電話、またはメールでもけっこうです。
お待ちしております!
author:信愛書店 en=gawa, 13:45
-,