| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
10月はお人形月間です☆まずは「ふみはずした人形展」と「こけし浄瑠璃 はなこのおむこさん」特別公演にご注目!!ただいま絶賛予約受付中!! #koenji #doll #event
きのはやいおにんぎょうたちがまいにちあつまってきてます。

ぶたいのうらがわで、なにやらひそひそおしゃべりが
きこえるみたい。。。

ちょっとおめかしして、とってもかわいらしいこばかり。

(幕開けは8日の土曜日です!)

ちぃっちゃいこはきてるけど、おおっきぃこがいくにんか
きてくれるのはあとになるらしい。
それもとくだいのが、ひとり。
きせかえのおにんぎょう、だからもってくるおようふくとかも
いろいろまよってるんじゃない?きっとそうだね。

s-DSCN7187.jpg

ふみはずした人形展協賛、特別企画公演こけし浄瑠璃「はなこのおむこさん」
はこの公演からワーク・イン・プログレスではなく本公演「こけし浄瑠璃
はなこのおむこさん」になります。

一度ご覧になったお客様もパワーアップするこけし浄瑠璃を見に是非、
足をお運び下さい。

  
  (画像をクリックすると拡大します)

〜こけし浄瑠璃〜
「ふみはずしたにんぎょう展」特別企画公演

日時:2011年10月19日(水)19:00 open 19:30 start

場所:庚申文化会館 会議室2+3
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北3-34-1
 
http://www.koshin-bunka.com/

料金:3,500円(当日)3,000円(前売り)学生 2,500円

チケット申し込み:kokeshijoururi@gmail.com こけし浄瑠璃実行委員会

お問い合わせ:kokeshijoururi@gmail.com こけし浄瑠璃実行委員会


    
      (画像をクリックすると拡大します)

<こけし浄瑠璃とは?>
浄瑠璃(じょうり)は、日本の伝統的な「語り物」芸能のひとつで、語り手が
三味線の伴奏によって物語を語り、歌っていきます。その調べにのせて、人形
遣いが人形で物語を演じるのが人形浄瑠璃です。
今回のこけし浄瑠璃のために、山形県山寺のこけし工人、石山和夫氏が新作を
製作しました。
山寺に伝えられた夜行念仏、山形民謡、そしてアラブ民謡を、こけしを遣い
ながら、新作の物語通して演じてゆく、和風音楽劇です。

<あらすじ>
若くして亡くなった「はなこ」。残された家族は、はなこの歯を埋めるため、
山寺の山に登っていきます。しかし妹の「さくら」は、親からはぐれてしまい、
こ けし売りのおじいさんに出会います。そこで「さくら」は、お姉さんそっくり
のこけしを、おじいさんから一日だけ借りることに。そのこけしといっしょに
遊ん でいるうちに、「さくら」はお姉さんのお婿さんを見つけるために遠い
西の国へと旅を始めます…。

原作・脚本:桜井真樹子
音楽:桜井真樹子、田中悠美子
出演:桜井真樹子(語り、歌、こけし遣い)、田中悠美子(浄瑠璃、三味線)
 藤木友美(語り、歌)、徳久ウィリアム(カルグラ、語り)、立岩潤三
(ダラブカ)、小靆誠諭兵榿)
こけし制作:石山和夫
絵馬・行灯制作:吉田晁子
山形方言指導:藤木友美 

デザイン・美術協力:軸原ヨウスケ
制作:渡辺こけし 制作協力:保科哲資

協力企画:茶房高円寺書林 
主催・企画:こけし浄瑠璃実行委員会(公式サイト)

お得な前売り券のお申し込みは上記のアドレスへメールにてお送りください。

   //////////////////////////////////////////////

こけし人気がますます熱を帯びてきているといわれます。
伝統こけしの魅力を再発見、そして東北の伝統工芸の代表であるこけしの
工人さんたちを支援する[kokeshien]を提唱するデザイナーcochaeさんが
企画するアートイベントがこけし浄瑠璃です。

西荻こけし祭りにつづいて、11月の高円寺フェスでも大きなこけしイベントが
開催されるということです。
こけしファンのかた、ぜひご注目ください〜!
はじめてのかたもぜひこの機会に本物のかわいいこけしの魅力に触れて
みてはいかがですか!!
author:信愛書店 en=gawa, 12:49
-,