| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
メルマガ3月号を配信しました;高円寺電子書林 目次&冒頭を一部ご紹介します◇ kouenji-denshishorin - 2013 yayoi #メルマガ


◇ kouenji-denshishorin - vol. 010



──────────

 ・・・高円寺

 ・・電子書林

 ・2013 弥生

──────────



活字本にまつわるしごとをしてきた本好きなメンバーがあつまって
2011年10月に創刊した『高円寺電子書林』。
デザイン、編集、校正、ライター、流通、新刊と古本の販売など、
それぞれの経験を活かして、あらたな読み物を無料のメールマガジンと
いうかたちでお送りしています。

 *公式ツイッター : http://twitter.com/densho_k




 contents..............


【コラム】

ツキイチジャーナル

「名画座かんぺ」の静かな衝撃

──北條一浩


◇──フリペでもチラシでもない紙1枚の新媒体


機動力のあるメディアが多数、流通するようになって久しい。
ウェブログが「ブログ」のネーミングで定着してからもそれなりの
時間が経過しているし、ツイッターやフェイスブックのようなSNSも、
いよいよこれから始めようかという人がいるかと思えば、あれはもう
飽きたとばかりに止めてしまう人もいる。ミニコミ、フリーペーパーと
いった語彙は陰を潜め、それらは「zine」に取って代わられた。
コンパクトなメディアのたかだかここ数年ほどを見ただけでも、あれこれ
の興亡があるということだろう。

2012年1月、「名画座かんぺ」なるモノが、忽然とあらわれた。これは、
zineといえばいえなくもないが、少なくとも綴じられた冊子ではない。
紙1枚のメディアである。といって、チラシとは違う。チラシより小さい
のだ。小さいがしかし、情報量は1枚のチラシのそれをはるかに凌駕する。


・・・・・・・・・・続きはwebでごらんください


◎みなさんにぜひ知っていただきたいメディアがあります。

from 釜石

被災地の今が見える

釜石の復興とマチづくりを伝えるタブロイド『フライキ!』


……フライキ(富来旗)とは、大漁旗の別称。
浜の賑わいの象徴であり、釜石ラグビーの応援の象徴でもあります。
『フライキ!』には、釜石の復興とマチづくりをしっかり見つめ、
応援していきたいという思いが込められています。


・・・・・・・・・・続きはwebでごらんください


【書評】

女の人と和解するための読書

(7)『整体入門』の巻・中

──渡邉裕之


その国の風景の中にいることが、悲劇的な人がいる。
つい先日、私は「ザ・フューチャー」というアメリカの映画を観たの
だけど、監督・主演しているミランダ・ジュライも、そのような女性
だった。

ロスアンゼルスに住むカップルの物語だ。ある日、二人はケガをした猫を
拾って動物シェルターに運ぶのだが、そこの規則によって、猫は30日間
保護され、それまでに二人が受け取りにこなければ殺処分されてしまうと
告げられる。その30日間を二人は、「今まで先延ばしにしたことを実行
する期間」と捉え、それぞれ行動を起こす。


・・・・・・・・・・続きはwebでごらんください


◎イベント情報

◎読者プレゼント


【編集後記】


前号を発行してから、すっかり間が開いてしまいました。
つまらない言い訳は書かないことにして、1つ、編集部で決めたことが
あります。今後は、月に1回のペースで、毎月15日に必ず配信を行います。
たくさんの原稿を並べること、特集を組むこともしていきたいのですが、
短い記事がポツンと1つだけ、という月もあるかもしれません。
ボリュームの多寡に係わらず、必ず毎月出すことを優先度の第一に
定めました。

また今号から、レイアウトもリニューアルしました。
記事の内容とあわせ、ご感想をいただけたら幸いです。

 高円寺電子書林 編集長

 北條一浩



 ◇ kouenji-denshishorin - 2013 yayoi


 ◆上記の記事全文をごらんになるにはメルマガの登録をして
  いただくと、バックナンバーとしてマイページから閲覧
  することができます。再配信はできませんのでお手続きを
  お願いいたします。
  次号より毎月15日配信を予定しておりますので、14日までに
  登録されるとメールで配信されるようになります。
  
 ◆メルマガの登録は⇒こちらからどうぞ
author:信愛書店 en=gawa, 11:54
-,