| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
高円寺電子書林4月号;西表の珊瑚の防波堤の話=ほんまわかさん、30代の大竹さんが出会った居酒屋の主人、アマゾンのシャーマン体験後半編はタミオーさん、そして北條編集長の『重版出来!』座談会をぜひどうぞ!

15日配信のメルマガ、4月号の目次及び編集後記をご紹介。

毎月14日までに登録された読者に配信いたします。
ごくたまに、ですが登録後にエラーとなり、配信ができない、
またその件でお尋ねをしても逆送されてしまうばあいがございます。
 
15日に配信されない、というときはお手数ですがメールで
発行人原田までお問い合わせをお願いいたします。
E-mail : mmshorin@gmail.com

===========



◇ kouenji-denshishorin - vol. 011



──────────

 ・・・高円寺

 ・・電子書林

 ・2013 卯月

──────────

 contents..............


【エッセイ】
海を信じる
海とともに生きる暮らし
──ほんまわか


【コラム】
酒場の名人(9)
朝の居酒屋の主人を見てしまった篇
──大竹 聡


【エッセイ】
ありがちアジアなり
〜南米シャーマン編・その2〜
シャーマンのいる村、そしてアマゾンの強烈な虫たち
──タミオー


【座談会】
ツキイチジャーナル
書店員、元書店員が語る『重版出来!』の魅力
──北條一浩


◎読者プレゼント
◎イベント情報


・編集後記・
──────────

 今年はサクラが早く、東京では大方散ってしまいました。
皆さんのところではどうでしょう?
 今月は、久々に4本の原稿がそろいました。絵本作家のほんまわかさんは、
いつしかそこに通うようになり、そしてほんまさんにとって大きなテーマに
なっていった沖縄という場所について、震災を経由した感受性で、力強く書き
下ろしてくださいました。
 大竹聡さんの連載はいつもよりアクセルを内側にグッと踏み込んだような
新境地。タミオーさんの連載もまた、先回に続き、タミオー・ワールドの核心
に触れるデリケートな内容になったと思います。
 ラストは、いま出版人たちを熱くさせている松田奈緒子さんの人気漫画
『重版出来!』について、書店員経験があり、この作品にするどく感応した
お2人を招いて脱線の多い座談会の試みとなりました。
 メールマガジンにはさて、重版ってないのかな? あってもいいですよね。
誰もが幸せになる喜びの単語、重版出来!

次回は5月15日配信です。


高円寺電子書林 編集長
北條一浩

==============

メルマガの登録は⇒ こちらからどうぞ
author:信愛書店 en=gawa, 16:50
-,