| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
「シェーナウの想い」上映&トーク会、2日間みなさまありがとうございました=!レポートと、これからに向けてのご案内です〜 #西荻電力
2夜連続の「シェーナウの想い」上映&トーク会、来場されたみなさま
そして関係者のみなさま、ほんとうにご協力ありがとうございました。

映像のすばらしいちからと、集まったみなさまの熱気で2日間とも充実した
イベントとなりました。
理屈っぽいドイツ人の市民運動、って?
たしかに困難に挑戦するシェーナウのひとたちは議論議論の毎日です。
けれど映像には笑顔がいつもあふれていて、難題に挑戦することを
楽しんでいるようでした!なかでも女性たちがキラキラと活躍しています!

「シェーナウの想い」上映後に、初日は高橋真樹さん(「自然エネルギー
革命をはじめよう」)、田口理穂さん(「市民がつくった電力会社」)、
そしてゲストに藤野電力の鈴木俊太郎さんに語っていただきました。

s-DSCN7863.jpg

↓ 左から高橋さん、鈴木さん、田口さん。
藤野電力の活動は自給自足、を基本としたソーラーなどの市民電力の
実現を震災前から実行してきたそうです。
こうして専門的な配電設備なども自前で工事をします。

s-DSCN7867.jpg

自宅の、冷蔵庫だけでも。。。
夜間には電源をOFFにして徹底した節電、昼間はソーラーの電源に
切り替えて、とスイッチが用意されています。

上のスイッチは藤電(藤野電力マーク=とうでん=盗電 w)、下は
東電、よくみると原発のマークが。。

s-DSCN7869.jpg

藤野はゆたかな森林に恵まれたまちで、文化人が戦中に疎開したり、と
先進的な文化を受け入れてきた風土があるとのこと。

その土地の地域性に合わせたやりかたで、住んでいる人が楽しみながら
息長く続けられることがいちばんだいじなこと、それをひとつひとつ
実現してきたのが藤野電力の魅力だということが伝わってきました。
公共の施設にソーラー発電の設備を置いて、無料でだれでも充電に利用
できるようにしたり、これは災害時に一番必要になることの先取りですね。

2日目は都心でのNO NUKES DAYなど大きな集会もあって、市民の
関心も広がり、深まってきているとおもいます。

田口さんも本場ドイツの黄色い脱原発Tシャツで登場!
シェーナウからはじまって、各地で次々と小規模の市民電力がふえて
いることなどを報告してくださいました。

電力会社が確実に買い上げてくれる法的なシステムができれば、みな
安心安全な電気を作るようになるのは当然だ、ということです。
ただ、莫大な費用がかかる洋上発電などを国家プロジェクトとして
進めようといった圧力もあって、電力会社も巻き返しに必死だと
いう現状はどこの国でも同じ面があるのだと考えさせられました。

s-DSCN7875.jpg

続いて拍手で迎えられて登場した佐藤タイジさん!
ソーラー武道館を実現して、それをきっかけに各地でソーラーで
ライブを〜という動きがはじまっている、佐藤さんは参加したり
アドバイスをしているということです。

s-DSCN7888.jpg

反対を叫び続けるのはネガティブなエネルギーが。。
それよりも前向きな、作ってゆく方向に進んでゆきたいと
熱く語るタイジさん。

だれでもそのひとにはできることがある、それをみつけて
ひとつひとつ実行することだ、なかでもだいじなのは『選挙』だと。

意思表示をするチャンスをしっかり生かそう!
じぶんらでもなにかを変えることができる、そのひとつとしての
投票をみんなに訴えたい、と熱く語るタイジさんでした!

s-DSCN7898.jpg

会場のみなさんからアンケートで貴重なご意見をたくさんいただきました。
なにか実行できることがあればじぶんでもやってみたい、そういうかたと
いっしょに市民電力をかんがえる・体験するワークショップなどをこれ
から準備してゆきます。

藤野電力の鈴木さんや、2日に参加されたたまでんの先輩たちにご協力
いただいて、杉並のはじっこ西荻でもなにかをはじめたいとおもいます。
とくに子どもたちに体験してもらいたい、かれらの将来がすこしでも
『明るく』なるように!それが大人の務めではないでしょうか。

こうした企画は『西荻電力』の名前で告知をいたしますので、ご注目
ください。アンケートに連絡希望と書いてくださった方にはもちろん
お知らせいたします!

 s-DSCN7909.jpg
 ( おうちをつくったのこりで山本さんがつくっているんだって!)

■初日に参加されたietokaの山本さんがエネタグをみなさんにプレゼント。
まだすこしあるので、信愛書店と茶房 高円寺書林店頭にて配布中=!
 ⇒ietokaが造る家は出来るだけ自然の材料を使った家です。

2冊の本を編集された岩下さま、松原さまはじめ今回の企画には大月書店さまに
たいへんお世話になりました、この場を借りて感謝申し上げます。
これからも本に関わるイベントなど、ぜひご紹介したい本のお話がきています
ので、読者の皆さまもどうぞご期待ください。
author:信愛書店 en=gawa, 18:15
-,