| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
ころから ‏@korocolor『離島から見える「本屋」のかたち』〜熱い議論が飛び交う空間、それも「本屋」でした=!
 
7日夜、アットホームな対談がありました。

集まったのはみな「本屋」(石橋毅史さんの言う意味合いで)の
方々でした。

本を愛する、本をつくる、本を手渡す、みなどこかしら『本』に
魅入られた顔ぶれで、たのしく話が進みます。


s-DSCN9104.jpg


すでに読んでいる方は?と手を挙げているところです。

写真も掲示している伊豆大島の書店さんの話も出ます。

さいわい皆様はご無事であったそうですが、自宅などが

たいへんな被害にあわれたとのこと。

成瀬書店さん、冨士屋書店さん、お見舞い申し上げます。

期間中に大島支援のカンパをお願いするために募金箱を

設置しています、どうぞご協力ください。

8年かけてこの本を書いてこられたという朴さんです。

参加者から鋭いコメントが飛んだり、取材する姿勢や

表現方法などについて熱いことばが交わされました。



正面から近づいて、ちゃんと目を見て笑顔で語りかける、

これはかなり進んだ認知症のかたにも受け入れてもらえる

基本的なコミュニケーションの第一歩だと言われています。

お話を聞きながら、ふとそのようなことを思い出しました。

取材姿勢がまっすぐな朴順梨さん、そして写真家今井一詞さんの

これからのお仕事がますます楽しみになります。

写真展は16日まで、どうぞお出かけください。
 
※版元「ころから」の HPは⇒こちらです
author:信愛書店 en=gawa, 16:28
-,