| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
伝統文化〜和の美と笑い。
あらたなステップに向けてこころも高まる弥生三月、たいへん
おめでたい祝賀の席にお呼ばれでうかがいました。

s-おさん昇進披露P-003.jpg

竹下通りの国際色豊かな喧騒の背中合わせ、原宿の深い森のなかに
ひっそりとたたずむ東郷記念館。またたくシャンデリアのもと、紋付の
正装が行き交う華やかな宴席で、台所鬼〆あらため台所おさん一世一代の
真打昇進披露宴、そしておまけに本人たっての希望ということで初々しい
奥さまとカメラに笑顔をふりまくかわいいお嬢さんの披露をして喝采を
浴びたのでした。

落語には幼少時より親しんだと、筆頭ゲスト松岡正剛さんが意外な駄洒落の
連発で会場を沸かせ、うつくしい篠井英介さんの激励スピーチにためいき。

柳家花緑師匠の門をたたく前には劇団で芝居をしていた、それ以来の友人
長州小力さんがスペシャルゲストで登場の段になると会場はヒートアップ!
ポーズのキメも余裕の構え、カメラ・スマホ片手に駆け寄る紳士淑女たち!

JAZZトリオの演奏に笑い疲れも癒されて、いよいよおおとりは落語協会
4代目柳亭市馬会長の相撲甚句、前途を祝しての朗々たる美声に
会場一同
酔いしれました。

身ひとつ、ひとりでできる、そうおもって飛び込んだ落語の世界。
それがこの晴れの場を迎えるに当たって、ひとりの落語家の舞台のために
どれほど多くのひとが陰で支えてくれているかをしかと身に刻んだ、
台所おさんを名乗る晴れの日、鬼〆さんははじめから終わりまでずっと
コチコチでときには泣きべそをかきそうな緊張のなかにいるようでした。

芸に生きる、並みの苦労ではないことでしょう。
できることは、ずっと見ていてあげる、そしていっしょに困ったり
よろこんだりすること、なのではないかとおもうのでした。

まずは13日(日)3時よりのおさん昇進記念落語会にぜひおいでください!

s-IMG_5166.jpg

ご予約いただくと1800円、当日2000円、1ドリンク付です。
来場者の中から3名さまに記念手ぬぐいのプレゼントがあります!

ちなみに、祝賀披露宴のおみやげのなかには play on words の
おさん手ぬぐいがちゃんと入っていました!
末広がりで落語界におしゃれな手ぬぐいが行き渡りますように=!

そして、東郷記念館のフレンチのフルコースがすばらしいもので
あったことはぜひ書き添えなければいけないトピックでした。
すばらしい饗宴に与り、台所鬼〆さん、関係者の皆様にこころより
深く感謝申し上げます。
author:信愛書店 en=gawa, 20:12
-,