| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
その4 レビーさんのお裁縫。

ねこたちはどうしてる?

 

毎日のように削り節を持ってねこたちの顔をみにきていた

HHさん、ご無沙汰のねこたちがきになるようす。

 

hana もHHさんがレビーさんになってから会えなくて

ちょっとさびしそう。

 

s-IMG_7764.jpg

 

ハッちゃんみたいにあそびにゆきたいな、けどおうちから

出るのもこわいし。

 

s-IMG_7775.jpg

 

HHさん、ハッちゃんがお見舞いにきてくれたとき

そっと骨ばった背中をなでてやりました。

ここ数年、体操教室にねっしんに通ったりしましたが

猫背がひどくなってきて、いっそう親しみをおぼえる

ようになったようです。

 

数日前から取り組んでいたジャージパンツのすそ上げが

出来上がっていました。

なにかはじめても途中でできなくなってしまう、そういう

じぶんがうんざりだ、と落ち込んでいたHHさん。

それが、前のようにそろった針目で仕上がりも上々、古い

裁縫箱を取り出してちゃんと針に糸を通すすがたは

主婦復活です。

 

きょうは冷蔵庫の期限切れ食品のチェックにきびしい目を

光らせていました。

(ちょっとやりすぎ)

 

真夏でも寒い寒いと長袖を2枚着た上にカーディガンを

羽織る、というほどでしたが、冷え込むようになっても

泰然としていられるようになりました。

なにが効力を奏してのかわかりませんが、確実に日々

健康を取り戻しつつあるHHさん。

 

前よりよくなっているとおもうの、とじぶんに言い

聞かせるようにHHさん。

希望の火をともすことができるのはだれなのか、

だれよりもよく知っています。

 

かんじんな風邪薬の袋が見えなくなったり、と

手品の技が上達して戸惑うこともありますが、これも

老人力が発達してきたとおもうようにしています。

実務上だいじなものはこちらが管理、それはほんの

わずかなものでしかありません。

だいじな思い出やお友達のつながり、それはだれにも

代わることができないHHさんのだいじな世界。

 

お付き合いがひと息ついて、でもなかなか本を読む

余裕は持てない日々が続きそう。

 

s-IMG_7766.jpg

 

それはひざの上にどっしりと重いねこが乗ってくるからだ、

言い訳はいつもねこのせい。

author:信愛書店 en=gawa, 21:51
-,