| BLOG TOP | 地図& en=gawa 利用案内 スケジュール |  |
検索 | RSS | ATOM |
ミニコミ『葬』第3号、「ペット葬特集」もうじき入ります。

さりげなく師走がやってきました。
久しぶりにぎんこさんから近況が届いたら、いまどき珍しい
”バブル”の話題。

さて、はたしてバブリーな話題なんでしょうか??


出版娘の日常/第10回 なぜかバブル勃発

大変ご無沙汰してしまっております。
ぎんこです。
本当に、最近は営業らしき営業をやれていませんで、目を覆いたく
なってしまうほどです。

理由は…

編集長が言ったある日のひとこと



「来年は年12冊、本を出すぞ!」

ちなみに、今年ウチから出ている書籍は、3冊です。
去年は、1冊でした。一昨年も1冊。平均2冊にも及ばぬペースなのに、
急に12倍になってしまったのです!

まあ、普通に考えて、年間1冊しか本を出さない出版社なんて、出版社と
いえるかどうか分からないわけで…
どんなに小さな出版社でも年間6冊という点数が、やっていけるボーダー
ラインといわれています。
生き残れているのは、編集プロダクションとしての機能も備えているから
なんですが、それでも1冊というのはあまりにあまりだと、編集長が
立ち上がりました。

編集長判断になんらの間違いはありません、当然ながら。
しかし、丹念に書店をまわるだけの毎日(給料泥棒とも言えるかも
しれません)から、本格的に企画・編集にも関わるようになってしまい
(やっと仕事をするようになった、と言えるかもしれません)、嬉しいやら
忙しいやらで、今までの仕事が何も回らないのです。

ただただのんびりとやっていた自分に反省。ちょっと仕事が増えただけで、
こんなに焦ってしまうなんて!

私、先月29才になりました。
大人です、十分に大人です。
もう「頑張ってる若い姉ちゃん」ではいられないのです!
なのに、まだまだ全てが中途半端で、何もかも満足にできないなんて…。

ヘコみながらも、悩む暇も与えられず、ひとまず走っています。


そんな時にミニコミを作ってしまう私、趣味は別腹なんでしょうか。
全然反省してないですね。
『葬』第3号、今度は「ペット葬特集」です。
もしも、ウチの猫が…と、涙しながら一生懸命作りました。近日中に発売予定です!
どうぞよろしくお願いします!

(ぎんこ)

author:信愛書店 en=gawa, 10:15
-,